つばさの軌跡

京都大学5回生。「むらづくり」「生態系づくり」をする仲間を求め、いま思うことを発信する。ブログのテーマは「誰かと心を通わすこと」

日本の限界集落が、世界の最先端

 

大学入学当初は、海外に興味がありました。

自分の知らない世界、ニュースや本で見る異文化。

それを、自分の目で見てみたいと思っていました。

 

それから3年間、興味の赴くままに、財布の許すままに、

自分なりに海外へ足を運びました。

 

それはすごく良い経験で、

思った通り、自分の知らない世界をたくさん見たのだけれど、

いま、海外が一番の関心ごとではなくなりました。

 

自分の経験を踏まえ、その理由を。

 

 

 

これから「日本化」する国々

 

カンボジアへは4回行きました。

カンボジアに小学校を建設するプロジェクトに所属をしていたからです。

 

建設資金を集めるだけでなく、

1ヶ月ほど現地に滞在し、建設作業を手伝いながら、

建てた学校に通う現地の子どもたちと遊び尽くします。

 

正直、初めて海外に、カンボジアに行く前のイメージは、

「貧しい生活で、かわいそう」なのかなと思っていました。

 

けれど、実際に行ってみて、そのイメージは消えました。

確かに物質的には、日本よりは豊かではないのだけれど、

だからと言って、「かわいそう」という気持ちにはならなかったです。

 

 

カンボジアの子どもと、日本の大学生

 

村に暮らす、カンボジアの子どもたち。

 

それは、どこにでもいるかわいくて、憎たらしい子どもたちでした。

ある子は、恥ずかしがって寄ってこないし、

ある子は、いたずらをして気を引こうとしてくるし、

ある子は、甘えておんぶしてと言ってくるし、

ある子は、サッカーしよと誘ってくれる。

 

友だちと歩いて登校して、机に座って勉強して、

休み時間には外で駆け回り、時には喧嘩して泣いてしまう。

どこにでもある楽しい日常が、そこにはありました。

本当に、楽しそうに生きている子たちだなと思いました。

 

f:id:tsubasakato:20170804204718j:plain

 我先に、おぶってと言ってくる子どもたち。最大4人まで。 

 

f:id:tsubasakato:20170804205844j:plain

建てた学校で勉強する子どもたち。3年前のことで、書いてて懐かしくなる。 

 

あるとき、子どもたちに、将来の夢を聞いたら、

勢いよく手を上げて教えてくれました。

パイロットや、警察官や、お医者さんや。

「だから私は、頑張って勉強したいのだ」と、教えてくれました。

 

それは、僕には衝撃でした。

方や、経済的、生活的に恵まれていないカンボジアの子どもたち。

一方で、経済的に恵まれている日本の大学生。

 

もちろん、子どもと大学生では比較にならないかもしれないけれど、

それでも、この子たちのように、僕や僕と同世代の日本の若者は、

どれだけ楽しそうに、夢を語れるだろうか。

いや、周りの人は置いといて、自分は今こんなにも楽しく生きてはいない。

そう思いました。

 

やることは授業かバイトかサークル。それも、どれも中途半端。

なにかにワクワクして生きていることはなかったです。

 

そこで考えました。

「経済的には大きな格差のある日本とカンボジア

けれど、そこで暮らしている人たちは、どちらが幸せなんだろう」と。

 

f:id:tsubasakato:20170804204823j:plain

カンボジアの子どもたちと、こんなに遊んだのは、すごく貴重な体験。

 

「先進課題国」日本が変われば、世界が変わる

 

考えたけれども、結論は出ませんでした。

というよりは、

「どちらが幸せかなんて、一人の主観だけでは決められない」

と考えるよりほか、ありませんでした。

 

けれど、そこでまた思ったのは、

「どちらが幸せかは関係なくても、

これからカンボジアは日本に近づくんじゃないだろうか」と。

 

先進国・日本と、発展途上国カンボジア

時代環境や成長の仕方は違えど、

物質的に豊かになり、便利なサービスが増えることはおそらく間違いありません。

 

けれど、経済成長の結果、日本は幸せか。

僕は、100%そうとは言い切れません。

 

個人の「幸せ」は僕の決めることではないにしても、

社会的課題は、経済成長した後も、まだまだ出てきています。

 

低成長化、デフレ、人口減少、少子高齢化、地方の過疎化、

空き家問題、自殺率の増加、うつ病の増加、伝統の衰退。。

 

あげればキリはなく、けれどこれらもまた、経済成長の産物とも言えます。

であれば、これからカンボジアや他の発展途上国でも、

遅かれ早かれ、同じ問題に直面することになります。

 

では、そうなったときに、日本がこれらを解決していなかったら。

それは、みんなが同じたくさんの課題を抱え、不幸になってしまうのではないか。

それなら、一番早く直面している「課題先進国」日本が、

経済成長一辺倒の生き方から、もっと新しい生き方をつくりだしていけば、

これから日本を追う国々も、幸せに生きていけるんじゃないか。

そう思います。

 

もちろん、カンボジアがすべて日本のようになるとは思わないけれど、

出てくる課題は、似たものが多いのではないのでしょうか。

 

その意味で、日本の田舎は、

先に挙げた日本の課題が、一番近くにある場所であり、

日本の限界集落は、日本の縮図、そして世界の縮図だとも考えられます。

 

経済成長や効率優先の生き方から、

もっと人が幸せになれる生き方を、世界へ提案する。

 

 

僕が、海外から日本の集落に興味を持つのはこんな理由で、

世界という大きなことを常に思ってるわけでもないけれど、

何より自分のためにも、新しい生き方を探していきたいなと。

 

 

つばさ

「ありのままでいい」なんて、簡単に言わないで

「ありのままでいいよ」

 

この言葉を、多くの人が聞いたことがあるのではないだろうか。

アナ雪で、すごく広まったとも思う。

 

悩んでいる人に対して、「ありのままのあなたが素敵」と声を掛ける。

変わりたいけど、変われない。

いくら変わろうと努力しても、進めない。

それを繰り返して、疲れてしまった人に対して、

「頑張っているだけであなたは素晴らしい」と言う。

 

ひとを勇気づける、優しい言葉だと思う一方で、

僕は、違和感を覚えることもある。

今日は、「ありのまま」の話について。

 

 

変わりたいから、努力してるんだ

 

悩んでいるひと。

葛藤しているひと。

行き詰まっているひと。

そういうひとの気持ちは、人並みにはわかると思ってる。

 

僕は、中学、高校の頃、人付き合いが苦手だった。

人となにを話したらいいかわからないし、

人にどうやって声を掛けたらいいかわからない。

仲間に入れてというのが怖くて、

いっしょにやろうと誘うのが苦手だった。

 

そんな僕でも、高校3年の夏、

「もっと人と関わらないとダメだ」と気づいたことがあり、

それから、それまでの自分を変えてきた。

 

実際、それは大変で、うまくいかないこともあるし、

すごくつらくなったこともある。

いまでも悩み事はいつも人間関係で、

全部投げ出したくなるときもある。

 

それでも、僕は変わりたかった。

弱い自分に勝ちたかった。

なんとかやり遂げたかった。

そう思って、努力していた。

 

だからこそ、僕は「ありのまま」なんかでいたくなかった。

だって、「ありのまま」の自分は好きじゃないから、

変わりたいと思っているのに。

「ありのままでいい」と言われると、

「変わりたい」っていう感情も、

否定されたような気がする。

勝てない自分を慰められた気がする。

そんな同情も、優しさも、いまは要らないのに。

いま、欲しいのは、変わるための方法だけなのに。

 

わかってる、矛盾していることぐらい。

「変わりたい」って感情も、すべて含めて「ありのまま」。

「ありのまま」は変わることを否定する言葉じゃない。

もっと気負わずに、悩まずに、生きていくことを後押しする言葉だ。

そのことも全部、わかってる。でも...。

 

そんなふたつの気持ちが、どうしても出てきてしまう。

言いたいこともわかるけれど、納得できることでもない。

そんな葛藤。

 

f:id:tsubasakato:20170705223900j:plain

僕は、あのときから、少しでも変われているのだろうか。

 

だからこそ、「ありのままでいい」っていう言葉は、

悩んでる人に、ちゃんと向き合った人しか使っちゃいけなくて、

「ありのまま」のその人を、少しでも知らない人なんかが、

使っちゃいけない言葉なのかもしれない。

「ありのまま」を変えたくて頑張ってるのに、

「変えられない自分」を慰められた気分になる。

そんな無責任な優しさはない。

 

 

そんなふうに、思うこともあるのです。

みなさんは、どう思いますか。

 

つばさ

新しく始めたことを、続けるためには!

 

新しいこと、始めよう!

 

と、心に決めたこと、誰でもあるでしょう。

決めたときは、すごく興奮してるのだけれども。

 

僕も、たくさんあります。

プログラミング、デザインの勉強、教員免許、日記。。。

 

まだまだいっぱいある気がします。

思い出しきれないくらい。

 

これを始めようと思ったからといって、

いまも全部が続いているわけはなく、

自然とやらなくなってしまったことがたくさんあります。

こんな記事を書く身で、なんですが。

 

「継続は力なり」

 

わかっちゃいるけど、続かない。

どうすればいいんだろうと思ってたところに、

おもしろいなと思った言葉に会いました。

 

「始める前に、やめてみる」

 

これ、確かになって、思います。

 

f:id:tsubasakato:20170729190149j:plain

始めるまでが、一番わくわくしてるかも...笑

 

『24時間』=平等に与えられた器

 

そもそも、僕らはすでに、常に何かをして生きています。

124時間という時間のなかで、僕らは、

寝て、起きて、食べて、勉強して、遊んで、話して、考えて、ぼーっとして。

とにかく何かしらをして、時間をフルに使ってます。

 

その間、それぞれが何をしていようが、時間は平等に過ぎていく。

24時間』という器は、皆同じ大きさで持っています。

 

このなかで、「新しいこと、始めよう!」と思い至っても、

いまのままではパンパン。

器の水が、全部満たされている状態です。

 

ここに「新しいこと」を入れても、何かが溢れるだけ。

それは、「新しいこと」だったり、「別の何か」だったりするけれど、

続かない「新しいこと」は、すぐに溢れてしまってるんだろう。

そんなイメージ。

 

 

はじめる決意とともに、やめる決意

 

じゃあ、どうするか。

始めてから、溢れることがわかっているのなら、

始める前に、水を捨ててしまおう。

 

つまり、「新しいこと、始めよう!」と思ったならば、

いま、自分が時間を使っていること、

そのうち何かを捨てたり、減らしたりしてみよう。

ということ。

 

それは、睡眠だったり、寝る前の読書だったり。

あるいは、遊ぶ時間だったり、Youtubeを見る時間かもしれない。

 

捨てることは、嫌なことだ。

できることなら、捨てたくない。失いたくない。

 

そう思う。けれど、

 

時間は有限。

物事はトレードオフ

 

なにかを得るためには、何かを捨てなきゃいけない。

 

 

だからこそ、「新しいこと、始めよう!」と決心したときは、

同時に、「これをこのぐらいやめよう!」と決心する。

それが、続けるためのコツかもなぁと。

 

これを学んだのは、この本。

「『人生』について書いた本で、一番のオススメは?」と聞かれたら、

迷わずこれを勧めます。もうかれこれ20回ぐらい読んでるかもしれない。

それぐらい、為になるし、感動するし、何よりおもしろい。

夢をかなえるゾウ

 

また改めて、この本は紹介します。

 

 

僕も、このブログを始めてから、本を読む時間が減ってつらいです。

そのうち、読み溜めをしようかな。

 

つばさ