つばさの軌跡

京都大学5回生。「むらづくり」「生態系づくり」をする仲間を求め、いま思うことを発信する。ブログのテーマは「誰かと心を通わすこと」

生きること

「当たり前じゃない」ことを、自覚する

09.11〜09.19 岡山県は高梁市・吹屋。 「村・留学」に参加してきました。 かつて、ベンガラ(酸化鉄)で栄えた町・吹屋。ベンガラ色の町並に、タイムスリップした感覚を覚える。 1年半前にも、京都・久多で参加してきたプログラム。 そのときも、人生で大切…

「自然」と「人工」の境界線

「自然」ってなんだろう。 農業や林業に興味を持ち始めて、ずっと気になっていることでした。 どちらも自然と近い場所で暮らすと言うけれど、 実際に「自然」が何を指すのかわからない。 イメージでは、森や、田んぼや、渓流だけれど、 人工林もあるし、田ん…

新しく始めたことを、続けるためには!

新しいこと、始めよう! と、心に決めたこと、誰でもあるでしょう。 決めたときは、すごく興奮してるのだけれども。 僕も、たくさんあります。 プログラミング、デザインの勉強、教員免許、日記。。。 まだまだいっぱいある気がします。 思い出しきれないく…

僕の憧れるひと:山地酪農家・中洞正さん

経済合理性よりも、大切なことがある。 そう、信じています。 「お金がなきゃ、続かない」 「守るものがないから、そんなことが言える」 「夢だけじゃ食っていけない」 そんなことは、知っている。 二兎を追うことは、一兎を追うよりも難しい。 もう、言われ…

原動力は、「出会い」と「感謝」

「行動力あるね」と言われることがあります。 僕のなかでは、まだまだ足りないのですが。 でも、いままでと比べたら、自分で動く頻度は増えたなぁと思います。 僕は、もともと、初めて誰かに会うのが好きじゃないというか、 知らない人との出会いにわくわく…

40歳になったとき、何を語れる大人でいたいですか

つばさです。 いろいろ書いてますが、 僕は、「将来こうなりたい!」っていうのがあまりない人です。 いま、自分の心惹かれるものに、引っ張られていこうと思っています。 けれど、自分がこれから何十年も働いたとき、 もっともっと大人になったとき、 どん…

自分らしく生きずになにかを残したとしても、僕は満足できないと思う

前回、「自分らしく生きる覚悟」について書きました(↓) tsubasakato.hatenablog.com 今回は、その続き。 いつかは死ぬのに、なぜ生きるのか。 自分が死んでも、世界は変わらずに続くだろうに。 なぜこんなにも頑張るのか。 それは、多くのひとは、何かを残…

自分らしく生きる覚悟

「覚悟を持て」 僕と同世代のみんな。よく言われないでしょうか。 僕も、よく言われます。 この前、京都の久多という、いわゆる「限界集落」で、修行してきました。 ここで農業、狩猟、民宿など、いろいろやられている方のもとへ。 宿泊 - 蕎麦打ち おくで …

生きる「意味」とはなにか。「意味」の意味とはなにか。

とても心に残っている話があります。 一度しかお会いしたことないし、軽くお話を伺っただけ。 けれど、そのなかでお聞きした話は、なぜか僕の基盤をつくってる。 京都にある「サムライカフェ&バー 士心」のオーナー、浜村さんから伺った話。 それを僕なりの…

「勉強しかしてこなかった」という人には、これを見てほしい【「逆学歴コンプレックス」なるもの②】

前回の【「逆学歴コンプレックス」なるもの】(↓)の続きです。 tsubasakato.hatenablog.com 「勉強しかしてこなかった」という人へ。 とにかく、この動画を見てほしいです。 いや、実際は、みんなに見てほしいんです。 この方の言ってることは、あたたかく…

僕は世界を変えたいんじゃない。世界を変える過程で、自分を変えたいんだ。

こんにちは。つばさです。 自分のやりたいことを見つめ直す、この頃。 半年前の気づきを、改めて振り返り。 東北でのインターンが、半年ほど終わった頃に書いたこと。 これは、みんな共感してくれるのか。それとも人によって違うのか。 一人一人聞いてみたい…