つばさの軌跡

京都大学5回生。「むらづくり」「生態系づくり」をする仲間を求め、いま思うことを発信する。ブログのテーマは「誰かと心を通わすこと」

生きる「意味」とはなにか。「意味」の意味とはなにか。

とても心に残っている話があります。

一度しかお会いしたことないし、軽くお話を伺っただけ。

けれど、そのなかでお聞きした話は、なぜか僕の基盤をつくってる。

 

京都にある「サムライカフェ&バー 士心」のオーナー、浜村さんから伺った話。

それを僕なりの解釈を交えて、書きます。

(HP)士心 Samurai Cafe&Bar

 

 

「意味」の意味ってなんだろう?

 

みんなはよく、「生きる意味」を悩んでる。

じゃあ、「意味」の意味ってなんだろうか。

 

哲学的な問いで、聞かれたときは質問の意味がまったくわからなかった。

けれど、お話を伺っていて、

「意味」の意味とはつまり、なにがあると「意味」が生まれるのか。

なのかな、と僕は思った。

 

例えば、目の前にリンゴがあったとする。

これは、もし周りにまったくなにもなければ、リンゴになにか意味はあるか。

おそらく、何の意味も持たない。

f:id:tsubasakato:20170625112058j:plain

 

これが、

もし、リンゴと机があったら。「リンゴが机の上にある」という「意味」ができる。

もし、リンゴを床に落としたら。「床に落ちてリンゴが割れる」という「意味」ができる。

もし、リンゴを人が食べたら。「人がリンゴを食べる」という「意味」ができる。

f:id:tsubasakato:20170625112126j:plain

 


つまり、意味とは「関係性」であり、他の何かとの関係でしか「意味」は生まれない。

 

これを人に置き換えると、

人の生きる「意味」は、自分以外の誰か、あるいは何かとの関係のなかで生まれる。

言い換えると、人がなにかと関わりを持ったとき、意味が生まれる。ということだ。

 

「意味」のない人はいるのか。

そう考えると「生きる意味はない」というのは、本当か。

そんな人は絶対にいなくて、

生まれた瞬間、人は

「空気を吸い」「水を飲み」「他の命を食べる」。

「親」を持ち、「祖父母」を持ち、「先祖」を持つ。

 

外界と関わることもそう。

誰かと縁を結ぶのもそう。

 

それらすべては、自分以外との「関係づくり」であり、「意味」がある。

となると、「生きる意味はない」なんてことはない。

これまで自分が過去何十億年と築いてきた「意味」を整理すれば、

自分の立ち位置や役割がわかるはずなのかもしれない。

(口で言うのは簡単で、僕もまだ整理できているわけじゃないのだけど)

 

「生きる意味が見出せない」というのは、

「意味」がない状態じゃなくて、

「関係性」がまったく整理できていない状態なのかもしれない。

 

別の観点で言うと、

関係性が「意味」になるのならば、

まだ関係性を築けない「未来」には「意味」はなく、

「過去」と「現在」の関係性からしか、「意味」は見出せないのかもしれない。

未来の「やりたいこと」がない人たちは、

まだ関係性を持っていないものと、

新たに、自分の考えだけで関係を持とうとしているから、大変なのかもしれない。

「やりたいこと」がない人たちは、

それまで関係を持ってきた「過去」、そこから生み出された「現在」の自分。

それを見つめ直したら、報いるべき恩のようなものが見つかるのではないだろうか。

 

僕自身、この考えを心から理解できているわけじゃないと思う。

だけど、この話を聞いたとき、自分のなかに衝撃が走った。

なぜかは、深くわからない。

けれど、今もなお心に残っている話で、

なにか大事なことなのかなと感じる。

だから、自分が、誰と、何と、関係を持って生きるのか。

それを大切に、丁寧に、考えながら、生きていこう。

そう思うようになりました。


この言葉と、同じなのかな。僕のブログのテーマ。

だから、なにかを感じるのかもしれない。

 

「生きるっていうのはね」

「・・・」

「きっと誰かと心を通わせること。そのものを指して、生きるって呼ぶんだよ」

引用元:住野よる著『君の膵臓を食べたい』(双葉文庫)p222-223

 

 

 

つばさ