つばさの軌跡

京都大学5回生。「むらづくり」「生態系づくり」をする仲間を求め、いま思うことを発信する。ブログのテーマは「誰かと心を通わすこと」

新しく始めたことを、続けるためには!

 

新しいこと、始めよう!

 

と、心に決めたこと、誰でもあるでしょう。

決めたときは、すごく興奮してるのだけれども。

 

僕も、たくさんあります。

プログラミング、デザインの勉強、教員免許、日記。。。

 

まだまだいっぱいある気がします。

思い出しきれないくらい。

 

これを始めようと思ったからといって、

いまも全部が続いているわけはなく、

自然とやらなくなってしまったことがたくさんあります。

こんな記事を書く身で、なんですが。

 

「継続は力なり」

 

わかっちゃいるけど、続かない。

どうすればいいんだろうと思ってたところに、

おもしろいなと思った言葉に会いました。

 

「始める前に、やめてみる」

 

これ、確かになって、思います。

 

f:id:tsubasakato:20170729190149j:plain

始めるまでが、一番わくわくしてるかも...笑

 

『24時間』=平等に与えられた器

 

そもそも、僕らはすでに、常に何かをして生きています。

124時間という時間のなかで、僕らは、

寝て、起きて、食べて、勉強して、遊んで、話して、考えて、ぼーっとして。

とにかく何かしらをして、時間をフルに使ってます。

 

その間、それぞれが何をしていようが、時間は平等に過ぎていく。

24時間』という器は、皆同じ大きさで持っています。

 

このなかで、「新しいこと、始めよう!」と思い至っても、

いまのままではパンパン。

器の水が、全部満たされている状態です。

 

ここに「新しいこと」を入れても、何かが溢れるだけ。

それは、「新しいこと」だったり、「別の何か」だったりするけれど、

続かない「新しいこと」は、すぐに溢れてしまってるんだろう。

そんなイメージ。

 

 

はじめる決意とともに、やめる決意

 

じゃあ、どうするか。

始めてから、溢れることがわかっているのなら、

始める前に、水を捨ててしまおう。

 

つまり、「新しいこと、始めよう!」と思ったならば、

いま、自分が時間を使っていること、

そのうち何かを捨てたり、減らしたりしてみよう。

ということ。

 

それは、睡眠だったり、寝る前の読書だったり。

あるいは、遊ぶ時間だったり、Youtubeを見る時間かもしれない。

 

捨てることは、嫌なことだ。

できることなら、捨てたくない。失いたくない。

 

そう思う。けれど、

 

時間は有限。

物事はトレードオフ

 

なにかを得るためには、何かを捨てなきゃいけない。

 

 

だからこそ、「新しいこと、始めよう!」と決心したときは、

同時に、「これをこのぐらいやめよう!」と決心する。

それが、続けるためのコツかもなぁと。

 

これを学んだのは、この本。

「『人生』について書いた本で、一番のオススメは?」と聞かれたら、

迷わずこれを勧めます。もうかれこれ20回ぐらい読んでるかもしれない。

それぐらい、為になるし、感動するし、何よりおもしろい。

夢をかなえるゾウ

 

また改めて、この本は紹介します。

 

 

僕も、このブログを始めてから、本を読む時間が減ってつらいです。

そのうち、読み溜めをしようかな。

 

つばさ