つばさの軌跡

京大卒。新卒の2018年春、鳥取県智頭町に移住し、社員2名の林業会社に就職。林業家を志す。働くこと、食べること、寝ること、話すこと、住むこと...。自分の人生の時間を分けることなく、暮らしの所作、その一つ一つに丁寧に向き合って、精一杯生き抜くことが目標。

【News】僕の本棚公開サイトをつくりました!
本棚は、僕の世界観を映す鏡。
ブログに関連する本もたくさん公開しています。
ぜひ一度のぞいてみてください。(↓)

人生を変える出逢いを。『The Life Book』



「暮らし」に向き合う一年を。

2018年、年明け。

とにかく無事に、新年を迎えられたことに感謝です。

 

2018年に向けて。

「暮らし」というものを、丁寧に、深く、実践してみたいと思っています。

 

どういうことかっていうと。

「暮らし」は「暗し」と聞いたことがあります。

日が暮れるという表現から、語源は同じだろうなと思います。

f:id:tsubasakato:20180101160815j:plain

だから「暮らし」というものは、明るいものじゃないんだろうと。

わかりやすいのは、「ハレとケ」という表現かなと思っていて、

なんの変哲もない、普段の日常を「ケ」の日と呼びます。

一方で、行事やお祭りのある日を「ハレ」の日と呼びます。

 

当たり前といえば当たり前なのですが、

世間では「ハレ」のものしか注目されません。

ニュースになるのは、何かの行事ごとばかり。

話のタネになるのも、非日常的なできごと。

意味とはちょっとずれるけれど、

社会に出て求められるもの、注目されるものも、業績や結果がほとんど。

その過程でどれだけ努力しても、あまり目に付きません。

特に、競争社会のなかでは。

結果が「ハレ」、過程が「ケ」のように、僕は連想してます。

 

けれど、実際に世の中は

膨大な「ケ」と一部の「ハレ」によって構成されているように思います。

つまり、普段と変わらない、たくさんの「暮らし」と、ごくたまに起こる「事件」。

 

しかし「事件」は、なんの前触れもなく起きるものではありません。

それまでの日々の「暮らし」、それがすべて集積されて「事件」となります。

何かが起こる原因が、「暮らし」の中に眠っているのです。

 

「歴史は起こったことの集積だ」と聞きました。

すべて起きたことの羅列であり、歴史には起きたことを書き留めていきます。

しかし、これらにはすべて理由があって、

その理由がどこにあるかといえば、特に注目もされない日常のなかです。

 

いま起きている社会問題のなかで、

国だけが悪い、行政だけが悪いなんてものは一つもないのではと思っていて、

僕らが電気をたくさん使うから、原発はまた稼働するし、

僕らがゴミをたくさん出すから、地球温暖化は進むし、

僕らがコンビニで弁当を買うから、食糧廃棄はなくならない。

もちろん、僕らがすべての要因ではなくて、あくまで一因なのだけれど、

その一因であることがとっても重要だ。

 

だからこそ、僕は、

「おかしい」と思う社会の仕組みを、自分が支えてしまうことのないように

「暮らし」の所作、そのひとつひとつを改めて見つめ直し、

ゆっくり自分の納得できるものにしていきながら、

丁寧に紡いでいきたいなと思う、元旦の昼下がりです。

「おかしい」と思いながらも、すぐには変えられないのが「暮らし」だと思うから。

 

 

「暮らし」は「暗し」と書きました。

先に書いたように、

「暮らし」とは、端から見て華々しいものではないように思えます。

だからこそ、日記やらダイエットやら、

日常のうちに、何かを意識して継続することは難しいものです。

7つの習慣』という、自己啓発系の有名な本があります。

内容も好きだったけれど、内容以上に感じたのは、

「やっぱり、継続することなんだな」ということ。

自分自身を変えるのも、日々実践することでしか成し得ないのだ、と。

それを言い換えて、「習慣」という言葉を使っているのだなぁ、と。

ふとした瞬間に、流されてしまう「暮らしの力」。

負けることも多いですが、ゆっくり向き合っていきたいです。

 

また、「暗し」というのは、一面的な見方でしかないとも思っていて、

ひとつひとつ、丁寧に向き合っていくことで、

端から見れば、なんの刺激もない日常のなかに、

競争のなかでは見出せない、鮮やかで充溢したものを発見できるのでは、

と妄想しています。

暗々とした「暮らし」ではなく、生き生きと輝く「暮らし」を。

 

 

そんな感じで、2018年を踏み出そうと思います。

いままで、たくさん行動し続けてきましたが、所詮は学生のまま。

初めて、学生という身分がなくなり、

自分で暮らしをつくっていくことに、

不安と期待がせめぎ合い、混ざり合う状態ですが、

自分らしく、生きていきたいです。

 

1月は、後回しにし続けた卒論。

2月・3月は、最後の春休みに、やりたいことを詰め込んで。

4月からは、鳥取県智頭町に移住し、林業に従事します。

 

長くなりましたが、

今年も、みなさん、よろしくお願いいたします。

 

つばさ