つばさの軌跡

京大卒。新卒の2018年春、鳥取県智頭町に移住し、社員2名の林業会社に就職。林業家を志す。働くこと、食べること、寝ること、話すこと、住むこと...。自分の人生の時間を分けることなく、暮らしの所作、その一つ一つに丁寧に向き合って、精一杯生き抜くことが目標。

【News】僕の本棚公開サイトをつくりました!
本棚は、僕の世界観を映す鏡。
ブログに関連する本もたくさん公開しています。
ぜひ一度のぞいてみてください。(↓)

人生を変える出逢いを。『The Life Book』



やりたいことが見つからない人へ。

・就活に違和感を覚える人へ

・都会での生活に疲れた人へ

・やりたいことが見つからない人へ

・生きている実感が湧かない人へ

 

僭越ながら、僕の就活記を。(長い)

僕の人生が、一番変わった瞬間です。

tsubasakato.amebaownd.com

 

久しく、筆が走る日。

---

2015年、秋。ちょうど2年半前か。

僕は、大学3回生。

「就職」が、現実に、目の前に、迫っていた。

その迫っている感覚に焦っていた。

 

大学3回生の夏。

いくつかサマーインターンを受けた。

ボロボロだった。

GDの「解き方」に嫌気が指していたし、

面接では、簡潔にしゃべることができない。

インターン本番では、

チームの人と仲良くやれなかった。

プライドが邪魔をした。

自分のことばかり考えていた。

相手より、優れていたかった。

 

一番きつかったのは、就きたい職がなかった。

とりあえずコンサルと人材を受けていた。

コンサルなら性格に合うかなと。

人材で、人の成長に関わるのも悪くないなと。

それぐらいだった。

 

秋。ふと気づいた。

「就活」ばかりしていると、基本都会に行くことになる。

僕は、都会で住むのは嫌だった。

人混みが苦手だった。

東京に行くのが嫌で、京都の大学を選んだ。

でも、なぜ僕は、就職で都会へ行こうとしてるのか。

疑問に感じ始めた。

 

長野へ帰ろうと思った。

就活サイトで「勤務地:長野」で調べたら。

驚いた。

地銀、福祉介護、農業、精密機械。

限られた職種しかなかった。

同じサイト上で見たら、都会の仕事の方が楽しそうだった。

「長野へ帰るなら、僕はこの中から仕事を選ぶのか…?」

失礼な話だが、その時はそう感じた。

 

「起業しよう」

そう思い立った。

長野でおもしろい仕事がないならば、創ればいい。

圧倒的に狭い視野だが、そう思った。

けれど、「起業しよう」で起業できるものではない。

具体的に何をするのか。想像がつかない。

「ならば、地方でおもしろいことをしている人に会いに行こう」

こうして、僕の地域巡りが始まる。

 

講演を聞きに行った。

ワークショップに参加した。

地域活性化合宿に参加した。

「独立準備中」と書いた名刺を作って、

とにかく人に会って回った。

 

こうするうちに出逢った人がいる。

東北食べる通信編集長・高橋博之さんだ。

たまたまBOOKOFFで手に取った本。

それが前著『だから僕は農家をスターにする』

読んで、感動した。

いまの自分を書いているかのようだった。

現代に生きる人々の闇を、明確に、そして理論的に指摘し、

現代が失ったものが、地方の農家・漁師にはある。

だからこそ「都市と地方をかきまぜる」のだ、と。

 

現代に生きる人々の闇。

それは「生きる実感」の喪失。

これだけ豊かになった社会で、なぜ「生」を感じられないか。

原因は、消費社会にある。

あらゆる財やサービスが「商品化」された資本主義社会。

お金を払って、その対価を受け取る。

この「消費」を通して、多くの現代人の生活は成り立つ。

この時、人々は「お客様」になる。

自分で手を加えず、頭も使わずに、ただ享受する。

生産側の事情を想像することもなく、

支払った貨幣と同価値の商品を要求する。

これが当たり前になると、想像すらできなくなる。

消費者の欲望は大きくなり続け、

「もっと便利なもの」を生産側に要求し続ける。

 

この構造が、日本全体を覆う。

食だけではない。

政治、教育、医療、福祉、まちづくり…。

あらゆる局面で「お客様」となった人々は、

その分野における課題に、自ら関わろうとはしない。

ただ、要求するのみだ。

課題の「当事者」にならない、現代の人々。

しかしこの時、「生きる実感」など湧くだろうか。

リアリティとは、自ら動き、考え、手を加えた結果でしか

得られないのではないだろうか。

 

著者は、国民みんなが観客席から批判する状況を、

「観客民主主義」と表現し、観客一人一人に

「グラウンドに降りる」ように訴えた。

消費者のままいるのでなく、当事者になって、

自らプレーしよう、ということだ。

 

---

僕も「消費」するばかりだった。

少なくとも、当事者になることはなかった。

それは、面倒だから。ずっと避けてきた。

でも、それが自分を苦しめていた。

だからこそ、現場に行きたいと切に願った。

 

2016年、春。

僕は、休学をした。

著者が代表を務めるNPO(東北食べる通信)にて、

1年間のインターンをしていた。

 

初めて出逢ったとき、その熱量に圧倒された。

ひとつひとつの言葉に共感し、

一心不乱に聞き続け、メモを取り続、

2時間があっという間だった。

心が熱くなって、

その場で「インターンしてませんか?」と聞いていた。

その半年後には、僕は東北へ行くことになる。

 

そこでの出逢い、経験、思考、発見、感動。

それが僕の進む道を、大きく変える。

農家・漁師の方々と出逢い、話を聞き、

自分の手で、自分の人生を築く姿がかっこよかった。

頭で考えるだけでなく、身体で感じたことを大切にしたい。

そう思った僕は、いま林業の道へ進んでいる。

 

f:id:tsubasakato:20180325230901j:plain

土と海。現場を回った1年間。

---

 

昨日の「The Life Book」第1弾。

『都市と地方をかきまぜる』

その補足のようなもの。この本との出逢いを。

tsubasakato.amebaownd.com