つばさの軌跡

京大卒。新卒の2018年春、鳥取県智頭町に移住し、社員2名の林業会社に就職。林業家を志す。働くこと、食べること、寝ること、話すこと、住むこと...。自分の人生の時間を分けることなく、暮らしの所作、その一つ一つに丁寧に向き合って、精一杯生き抜くことが目標。

【News】僕の本棚公開サイトをつくりました!
本棚は、僕の世界観を映す鏡。
ブログに関連する本もたくさん公開しています。
ぜひ一度のぞいてみてください。(↓)

人生を変える出逢いを。『The Life Book』



「圧倒的成長」って言われると、焦るんです。

以前、「成長」について書きました。

林業を始めて、感じたこと。

今回はその続き。

 

tsubasakato.hatenablog.com

 

前回は「身の丈にあった成長」を心がけないと、

林業では事故につながるよ。みたいなことを書きました。

でも、それだけじゃない気もしています。

 

「身の丈にあった成長」

つまりは、自分のできること、できないことをしっかりと見極めて、

できることに集中する。

これをしていると、不思議とできることが増えていく気がします。

「できること」しかやってないはずだから、

これだけ聞くとおかしい感じがするのだけれど。

 

なぜだろうか。

それは、基礎から身についていくからかなぁと思います。

できることにも「できる度」みたいなものがあって、

チェーンソーで丸太を伐るにしても、

最初はきれいに切れなかったり、

腕がものすごく疲れてしまったり。

 

それが、「丸太を伐る」ことに集中して、

何度も繰り返しやっていると、

切断面がきれいになったり、

何度やっても、身体が保つようになる。

同じ「伐れる」ことでも、その質が違う。

 

そうすると、

負担のかからない身体の使い方や、

傷まないチェーンソーの使い方がわかってきて、

自然と「できること」しかしなかったのに、

「できないこと」ができるようになっていく。

そんなサイクルになるのかなぁと。

 

------

逆に学生でいたときは、

「圧倒的成長」という言葉を何度も聞いて、

圧倒的に成長しようと、頑張っていた。

でも、それでできるようになったことは少ない気もする。

 

なぜだろうか。

一つは、ものすごく焦るからじゃないだろうか。

大学の先輩や、会社の人事や代表、

その人たちに、「圧倒的成長」と言われると、

早く、その人たちに追いつきたいと頑張ってしまう。

けれど、そのとき、自分のできることやできないことなんて把握してなくて、

むしろ「限界を超えろ」「やると決めろ」と言われることで、

「僕は(今は)これができないんだ」と認めることさえ、

否定されるような気がしてしまう。

 

そして、「圧倒的成長」を目指す横には、

常に同期で、同じように「圧倒的成長」を目指す人がいて、

どちらが、より早く、より圧倒的に、

成長できるかが試されている。評価されている。自分より上の人によって。

という感覚に陥る。本当かどうかは別として。

 

そうなると、もう、焦りまくる。

まともなプレゼンなんかしたことないのに、

企画プレゼンを志願してみたり、

リーダー経験ないのに、リーダーに立候補したりしてた。

苦めの思いでしかない。

 

------

もちろん、誰もが最初は経験なんてなくて、

経験を待ってたら、一生挑戦せずに終わるのだけれど、

自分の能力もわからずに、焦ってやっても、

成長は遅いのかもしれないなぁと。

 

人それぞれ、伸び方は違うし、

焦るぐらいに成長を目指した方が早い人もいるだろうし、

あるいは、同じ人でも時期によって、

自分の能力を確かめながら挑戦するのと、

何も考えずに突っ込んでみるのと、

どちらがいいかは違うのだろうから、

一概には言える話じゃないけれど。

 

「圧倒的成長」と言われて、焦って周りが見えなくなってるとしたら、

落ち着いてみるといいかもよ。

と、3年前の自分に言いたい。

------

 

尊敬する先輩は、

「すぐに型破りになろうとするな。

型を破るには、まず自分の中に型をつくらないと、破る型がない」

と言っていました。

いま、すごく心に沁みてます。

 

f:id:tsubasakato:20180507234925j:plain

「型」がなければ、破れない。

 

 

5月は、より一層、木と向き合いながら。

日々、精進。

 

つばさ