つばさの軌跡

京都大学5回生。「むらづくり」「生態系づくり」をする仲間を求め、いま思うことを発信する。ブログのテーマは「誰かと心を通わすこと」

まず僕らは「理想のコミュニティ」を、捨てる必要があるかもしれない

最近、「人との繋がり」とか、

「コミュニティ」とかいう言葉を使わないようにしています。

 

人がどんどん、個人に、孤独になっていく一方で、

「人との繋がりが大事」だとか、

「コミュニティを取り戻そう」とか、

そういう方向も生まれてきているのだと思います。

 

けれど、僕はいま、「繋がり」という言葉が、

綺麗事に聞こえてきてしまいました。

 

「繋がり」があったほうが、楽しい。

「繋がり」があると、安心。

 

それはそうなんだけど、

自分の楽しさ、自分の安心のことにばかり集中してて、

「繋がり」の先の相手が見えない気がしてて。

 

何より、僕のなかで、

理想の「コミュニティ」というものが、わからなくなってきたのです。

みんながみんな、嬉しいコミュニティとは、どんなものか。

 

誰か、自分なりの答えを持つひとは、教えてください。

 

 

「自分」しか見てないコミュニティ論

 

みんな仲良く楽しくて、

お互い何でも言い合えて、

お互いがお互いのことを認め合ってる。

閉鎖的じゃなくて、

いつでも誰でも出入り自由、

抜けたいときに抜けれるし、

入りたいときに入れる。

あたたかい「繋がり」があるけど、

その「繋がり」が足かせになることはない。

 

 

理想のコミュニティを議論するときに、

だいたい「良い」とされるコミュニティを並べてみました。

 

これを聞いてどう思いますか。

確かに、理想的なコミュニティだとは思います。

けれど、本当に自分勝手だなとも思います。

 

このコミュニティはほとんど、「自分」から見た理想です。

なんでも言いたいことは言いたい。

認めてくれる人がほしい。

抜けたいときに、後腐れなく抜けたい。

入りたいときに、不安な思いをせずに入りたい。

 

それはそうだ。

自分から見たら、その方がいいに決まってます。

 

けれど、そうされる「相手」側からしたらどうでしょうか。

なんでも言いたいことを言われる。

抜けたいときに、勝手に抜けられる。

入りたい人がいたら、それが誰でも迎えいれなきゃいけない。

 

ちょっと誇張してるかもしれませんが、

「相手」からしたら、こういう捉え方をされることもあると思います。

 

みんながみんな、言いたいことを言われたいのでしょうか。

誰かが急に抜けたときに、それを良く思わないひとは本当にいないのでしょうか。

知らない人が入ってきたときに、それを怖いと思うひとはいないのでしょうか。

 

僕の思う限り、そんなことはないです。

というより、僕が誰かにそうされたら、

どちらかというと負の感情を抱いてしまうのです。

 

僕は、

誰にでも言いたいことを言われたいと思うほどできた人間ではないし、

自分勝手に抜けられたら、理由の如何によるけれど、「はぁ?」と思う人間だし、

知らない人が入ってきたら、少なからず身構える人間です。

 

誰かにとって、理想的なコミュニティは、

誰かにとって、理想的なコミュニティではないのかもしれない。

 

僕が、「人との繋がり」や「コミュニティ」という言葉を発する時、聞く時、

何か綺麗事だと感じてしまうのは、

その言葉を使った人が、「自分にとって理想的なコミュニティ」しか

考えていないからなのかもしれない。

 

f:id:tsubasakato:20170719173123j:plain

自分の「理想のコミュニティ」は、相手の「理想」ではないかもしれない。

 

ある意味、僕も含めて、

やはり自分にとって都合の良い「繋がり」や

「コミュニティ」しか求めていないくて、

まあ、それが「理想」ではあるのだから、

求めるのも仕方ないかもしれないけれど、

やっぱり、「コミュニティ」が他者の存在がないと成り立たない以上、

「自分から出発する理想のコミュニティ」

「相手から出発する理想のコミュニティ」の、

接続面を探り合わなければ、何も進まないのだと思ったところです。

 

f:id:tsubasakato:20170719173416j:plain

コミュニティは、違うひと達の集まり。理想のコミュニティは、この中心にある気もする。

 

あなたにとって、理想のコミュニティはどんなものですか。

みんなにとって、理想のコミュニティはどんなものだと思いますか。

 

そんなことを聞いてみたいです。

 

つばさ