つばさの軌跡

京都大学5回生。「むらづくり」「生態系づくり」をする仲間を求め、いま思うことを発信する。ブログのテーマは「誰かと心を通わすこと」

最終目標は、「むらづくり」

僕の最終目標は、「むらづくり」だ。

そう、最近思いました。

 

僕の志が、少しだけはっきりしました。

今日は、僕がいま描ける、未来像を。

 

-目次 

 

 

林業家」という職を、まずは身につける

 

大学卒業後は、「林業家」になろうと思っています。

 

なぜか。

一つは、「現場に行きたいから」

圧倒的に、これが大きいです。

去年、東北の農業漁業の現場を回りました。

そこで、生産者の話を聞き続けました。

その衝撃は、机上では得られませんでした。

 

頭で理解していること。

身体で実感していること。

これは根本的に違うと思います。

それは、「その学びに行動が伴うか」の違いです。

 

頭ですべて理解していても、行動には現れないこと。

頭ですべてを理解していなくても、行動に現れること。

 

どちらが大事か。

僕は後者だと思います。

 

 

もう一つは、「生態系を感じながら生きたいから」

東北で、初めて一次産業の世界に触れ、その世界の大切さを感じました。

 

僕の命を生かす、食べ物、水、空気、それらすべては、

僕の手の届かない、とっても小さく、でもとっても広い世界で、

ぐるぐると循環しているのだと。

その世界があるからこそ、

僕、そして社会というものは、生きていられる。

その世界と共生する営みが、「農」や「漁」の世界だと感じました。

 

一方で、そんな当たり前のことを、

意識せずに生きていける「街」での生活を、僕は怖いなと感じました。

既に何かに支えられて生きていること。

その感覚がこれほど薄れた社会は、近くに成り立たなくなるのだろうと思います。

 

では、農業や漁業ではなく、なぜ林業か。

それは、農業も漁業も、その根本がなければ成り立たないと思うからです。

根本とは、豊かな土であり、海であり、山であり、川です。

それを創り出す源泉としての、森。

そこに興味があって、僕は林業をしたいと思うのです。

 

林業、その先にあるもの

 

ただ、自分のしたいことは、林業だけではありません。

自分の食べるものを、自分でつくること。

自分の住む家を、自分でつくること。

自分の使うエネルギーを、自分でつくること。

 

そんなことをやってみたいと思います。

もっと大きなことを言ってしまうと、

暮らしや地域に必要な、衣・食・住・教育・医療・エネルギー。

それをつくりたいと思っています。

 

それは、

いまの時代がすべてお金によって清算され、外部に依存する状態への危機感、

また一方では、ある程度完成した社会で、

消費するだけでなく、自分で自分の暮らしをつくる欲望。

そんなものからきているのかもしれません。

 

また、この自給自足的な暮らしを、本当に自給自足的にやるつもりはありません。

自分の手に職を持った人たちが集まり、お互いに補い合う。

 そのなかで、酪農をする人がいてもいいし、

果樹栽培をする人がいてもいい。

あるいは、家具づくりをする人がいてもいいし、

教育をする人がいてもいいかもしれない。

僕は、そのなかで、林業をしよう。

 

そんな新しい「むらづくり」

ひとと他の生き物が共生する「生態系づくり」ができればと思います。

だからこそ、僕の最終目標は「むらづくり」です。

 

むろん、ここまでかかるのに、どれほど時間がかかるかわからないけれど、

これからを生きる、ひとつの志を、いまから描きたいと思います。 

 

僕は、なんのために生きるのか

 

この志は、

僕がひとりだけでやっても楽しくないのとともに、

いっしょにやらないと寂しい気持ちが強いです。

 

「ひとを幸せにするのは、ひと」

 

これは、僕の信念です。 

お金は決して、人を幸せにするものではないのだと思います。

 

だからこそ、お金が重視される世の中で、

「自分が本当に大切なものだと思うものを、大切にしながら生きていきたい」

その方法を模索し続けたいと思います。

 

興味があったら、いっしょにつくりましょう。

 

ブログ「つばさの軌跡」の意義

 

このブログは、模索を続ける過程を綴るものであると同時に、

「仲間づくり」だと考えています。

これから、新しいむらをつくる仲間を求めて、

僕は、僕の生き方、暮らし方を、発信しようと思います。

 

その意味で、ブログのテーマは、「誰かと心を通わせること」

好きなものを好きと言い、共感するものを応援する。

そんな場をつくっていきたいと思います。

 

 

つばさ